2011年6月アーカイブ

 

地域の少子化によって、閉鎖を余儀なくされた兎塚中学校。

しかし、地域の皆様の思いが結実し、復活することとなりました。

 

地域の人たちが親しみと愛情を注いだ兎塚(うづか)

その名前を配した『うづかの森』として新たに再出発いたします。

 

2年間放置された施設は、草が生え、埃がかぶっていました。

初めてのお客さまをお迎えするまで、あと1ヶ月…お掃除をしっかりとして、新たな出発がスタートできるよう、いま急ピッチで準備をすすめています。

地域の声が再びこだまする施設を目指してがんばります。

 

 

201106250812000.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

出番を待つ看板